医師は20kgの鉛スイートでX線照射下で手術を受けます

- Apr 27, 2019-

image


手術室では、心臓専門医は20kgの鉛スイートを装着します。 何年にもわたって、多くの医者は彼らの腰椎と膝関節に深刻なダメージを受けました。


日本の原発事故は多くの人々の心を変えました、そして「ふくしま50」の精神は立派です。 しかし実際には、患者の治療のために手術台の上に毎日20キログラムの鉛の服を着用し、10時間以上手術台に勇気を出している特別な医療スタッフのグループがあります。