フレキシブルマグネットのダンピング防止文書

- May 08, 2019-

中華人民共和国および台湾からの生の柔軟な磁石:アンチダンピングおよび相殺関税注文の継続

機関:

執行およびコンプライアンス、以前は輸入管理、国際貿易管理、商務省。

概要:

商務省(Department)と国際貿易委員会(ITC)は、中華人民共和国(PRC)と台湾からの生の柔軟な磁石に対するダンピング防止義務(AD)命令の取り消しが継続につながる可能性があると判断した。

印刷開始ページ6887

米国の産業への投棄と物的損害の再発。 米国務省とITCはまた、中国からの生の柔軟な磁石に関する相殺関税(CVD)命令の取消しが、正当な反対可能な補助金の継続または再発および米国の産業に対する重大な傷害につながる可能性が高いと判断した。 したがって、局はこれらのADおよびCVD命令の継続通知を発行しています。


日付:

発効日:2014年2月5日。


その他の情報連絡先:

Michael A. Romani(AD)またはKristen Johnson(CVD)、AD / CVD業務、執行およびコンプライアンス、国際貿易管理、米国商務省、14th StreetおよびConstitution Avenue NW、ワシントンDC 20230。 電話:それぞれ(202)482-0198または(202)482-4793。


補足情報:

バックグラウンド

2013年8月1日、同省は[1]を開始し、ITCは中国および台湾からの生の柔軟な磁石に関する5年間(日没レビュー)のAD注文を開始した[3]。 1930年の関税法第751(c)条および第752(a)条に準拠したPRCの磁石[4]。 その見直しの結果、局は、AD命令の取消しがダンピングの継続または再発を招く可能性があり、CVD命令の取消しが正当な対価補助金の継続または再発を招く可能性が高いと判断し、ITCに通知した。注文が取り消された場合に、マージンの大きさおよび補助金の割合が優勢になる可能性があること。


2014年1月15日、法の第751条(c)(1)および第752条(a)に基づき、ITCは、中国および台湾からの生軟磁性磁石に関するAD注文の取り消しおよび生軟磁性に関するCVD注文の取り消しを決定した。中華人民共和国からの磁石は、合理的に予見可能な時間内に、米国の産業に対する物的損害の継続または再発を招く可能性があります。


注文の範囲

これらの注文の対象となる製品は、形状、色、または包装に関係なく、特定のフレキシブルマグネットです[8]。 本発明の対象となる可撓性磁石は、(必ずしも排他的ではないが)(i)様々な可撓性結合剤(ポリマーまたはコポリマー、またはゴムなど)のいずれか1つまたはそれらの組み合わせおよび(ii)フェライトからなることができる磁性要素からなるボンド磁石である。永久磁石材料(通常、ストロンチウムまたはバリウムフェライト、またはその2つの組み合わせ)、金属合金(NdFeBまたはAlnicoなど)、これらの互いの組み合わせ、または他の材料、あるいは他の材料であり得る他の材料。永久的に磁化されています。


対象となる可撓性磁石は、磁化状態または非磁化状態(消磁状態を含む)のいずれであってもよく、任意の組成および/または色の紙、プラスチック、または他の材料で完全または部分的に積層または完全または部分的に接着されてもされなくてもよい。 対象の可撓性磁石は、コーティングされていなくてもよく、または接着剤もしくは他の任意のコーティングもしくはコーティングの組み合わせでコーティングされてもよい。


これらの注文の範囲から特に除外されるのは、紙、プラスチック、または他の材料が印刷されたテキストを有する場合、紙、プラスチック、または他の材料と積層または接着される可撓性磁石(個々の磁石を含む)として定義される。名刺、カレンダー、詩、スポーツイベントのスケジュール、ビジネスプロモーション、装飾的なモチーフなどを含むがこれらに限定されない画像。 当該の印刷物が次のものだけで構成されている場合、この除外はそのような印刷されたフレキシブルマグネットには適用されません。 原産国; ボーダー、ストライプ、またはライン。 小売用またはその他の処分のために磁石を切断および/または印刷する過程で除去された印刷物。 製造または使用説明書(例:「この面を上にする」、「この面を上にする」、「ここにラミネートする」)。 接着性裏張り(すなわち、ラミネートの貼付のような使用のために接着剤を露出させるために除去されるべき材料)、または最終印刷の前後または使用前に可撓性磁石から除去される他のカバー上への印刷。 非永久印刷(すなわち、容易な除去を容易にする媒体での印刷、可撓性磁石の再印刷を可能にする)。 裏面(磁気)面に印刷する。 または上記の任意の組み合わせ。


特に除外されていない対象商品の物理的な説明を満たすすべての製品は、これらの注文の範囲内です。 注文の対象となる製品は現在、主に米国の関税率表(HTSUS)の8505.19.10および8505.19.20の下に分類されています。 HTSUS小見出しは、便宜上および税関上の目的のためにのみ提供されています。 注文の範囲についての書面による説明は否定的です。


注文の継続

米国商務省およびITCによるこれらのADおよびCVDの命令の取消しは、第751条に基づき、ダンピングまたは補助的補助金の継続または再発、ならびに業界の重大な怪我につながる可能性があるとの決定の結果として同法の(c)及び751(d)(2)において、省は、中国及び台湾からの生の柔軟な磁石についてのADの注文、及び中国からの生の柔軟な磁石に関するCVDの注文の継続をここに命じる。


米国税関国境警備局は、対象商品のすべての輸入品について、入国時に有効な利率でダンピング防止関税預金を引き続き徴収します。 これらの命令の継続の発効日は、この継続通知の連邦登録簿への公表日となります。 同法第751条(c)(2)に従い、局はこれらの命令の次の日没見直しを、継続の有効日の5周年の30日前までに開始する予定である。


これらのサンセットレビューおよびこの通知は、本法第751条(c)に従い、本法第777条(i)(1)および19 CFR 351.218(f)(4)に従って公表されています。


日付:2014年1月29日


Paul Piquado、


執行・コンプライアンス担当補佐官。


脚注

1. 5年(「日没」)レビューの開始、78 FR 46575(2013年8月1日)を参照してください。


引用に戻る

2.中国と台湾からの生の柔軟磁石を参照してください。 5年間の研究機関、78 FR 46604(2013年8月1日)。


引用に戻る

3. 2008年9月17日、当局は次のAD命令を発表しました。ダンピング防止命令:中華人民共和国からの生の柔軟な磁石、73 FR 53847(2008年9月17日)、およびダンピング防止義務命令:台湾からの生の柔軟な磁石、73 FR 53848(2008年9月17日)。


引用に戻る

4. 2008年9月17日に、局は以下のCVD命令を発表しました:中華人民共和国からの生の柔軟な磁石:相殺関税令、73 FR 53849(2008年9月17日)。


引用に戻る

5.中華人民共和国および台湾からの生の柔軟磁石:反ダンピング関税命令の迅速なサンセットレビューの最終結果、78 FR 77423(2013年12月23日)、および中華人民共和国からの生の柔軟磁石:最終Expedited Sunset Review、78 FR 77425の結果(2013年12月23日)。


引用に戻る

中国および台湾からの生の柔軟な磁石、Inv。 701 − TA − 452および731 − TA − 1129−1130(レビュー)、ITC出版物4449(2014年1月); No。 中国と台湾からの生のフレキシブルマグネット、79 FR 3623(2014年1月22日)も参照してください。


引用に戻る

「形状」という用語は、断面が長方形ではない可撓性の磁石である異形材を含むがこれに限定されない。


引用に戻る

8.梱包には、デジタルプリンタカートリッジなどの小売用または特殊梱包が含まれます。


引用に戻る

[FR Doc。 2014-02438提出された2-4-14。 午前8時45分】


請求コード3510-DS-P