北海道の1.9MWソーラープラントが冬に最も発電する

- Apr 21, 2019-

十勝郡浦幌町には、太陽光パネル容量約1.95MW、太陽光発電用インバータ容量1.75MWの「大規模」太陽光発電所「PVNext EBH浦幌発電所第1号」があります。北海道、日本(図1)。


図1太陽光発電パネル容量約1.95MWのPVNext EBH浦幌発電所第1号 上の空中写真が撮影されたとき、No.2植物はありません (出典:トップエンバイオホールディングス、下日経BP)


このメガソーラープラントは、土壌汚染解決会社EnBio Holdings Inc.の特別目的会社(SPC)であるAltair Solar LLCによって運営されています。

EnBioは現在16か所で太陽光発電所を運営しており、総出力は約35.52メガワットです( 関連記事を参照 )。


利用された元の砂利ピット


浦幌町のこのメガソーラー発電所は、比較的平坦な敷地を利用して開発されました(図2)。 その場所は以前は砂利の穴だった。 EnBioは地元企業の社長が所有するサイトをメガソーラーサイトとして借りました。


図2:旧グラベルピット使用(出典:日経BP)


2017年2月より、固定価格買取制度(FIT)のもと、36円/ kWhの売電を開始しました。

「浦幌発電所第2号」が北に隣接していることから「浦幌発電所第1号」と名付けられています(図3)。 同じ地主にもかかわらず、まったく違う発電会社が違う時間に2号機の建設を始めました。




図3:完成後の北(上)に隣接する敷地に建設中の第2工場(出典:EnBio Holdings)


浦幌第一発電所では、北海道電力の通信可能範囲内の系統連系が可能な容量に達した後に申請を行ったため、系統連系には無制限かつ無償の出力制限(出力制御)が必要でした。 これはEnBioの最初の発電所で、無制限かつ無償の出力制限を受け入れなければなりませんでした。

無制限かつ補償されていない出力制限を受ける太陽光発電所の多くでは、将来どの程度の制限が課されるかを見積もることが困難であったため、資金調達条件および融資条件は当初より厳しくなった。 EnBioによれば、しかし、それは融資条件が悪化することを見ずに資金を得ることに成功した。

札幌に拠点を置くFutaba Industry Co Ltdは、エンジニアリング、調達および建設(EPC)サービスを提供しました。

中国のUPSolar Group Co Ltdによって製造されたソーラーパネル、およびWave Energy Inc(東京都港区)のオールインワンタイプの製品が採用されました。これは、東芝三菱電機産業システム社(TME)のPVインバータ関連製品を主に統合したものです。 )および集電器や昇圧トランスなどの他の機器(図4)。


図4:集電体、太陽光発電用インバータ、昇圧トランスを一体化した製品。 ステップアップ変圧器の上のカバーは、それらの取り外しおよび交換が検査効率を低下させるので改善された。 (出典:日経BP)