柔軟な磁石に接着剤を使用する理由

- Jul 18, 2019-

自分のプロジェクトに適切な接着剤を選択するとすぐに問題が発生する可能性があると感じる人もいるかもしれません。 どのテープがあなたの仕事に最も効果的で経済的になるかを決定するとき、さまざまな要因が関係します。


フレキシブルマグネットにはさまざまな接着剤が使用されています。


接着剤の機能は何ですか?

接着剤はどのような種類の材料と表面に接着しますか?

表面は温度、湿気、紫外線または化学薬品にさらされますか?

これは恒久的または一時的な債券ですか?

必要な特定のリリース値はありますか?

どのような種類と厚さのライナーが必要ですか。

接着剤はどのくらいの重量に耐えると予想されますか?

あなたがこれらの質問に答えたら、あなたのプロジェクトに理想的な接着剤をあなたの検索範囲を狭めることはずっと簡単になるでしょう。 そこにはさまざまな種類の接着剤が揃っているので、最も一般的なPSA(感圧接着剤)を3つ挙げ、それらが最もよく使用されているものを以下に示します。


ゴム接着剤

これは、発泡体、フェルト、布、下塗りされた木材、紙、金属、プラスチック、およびほとんどの低または非可塑化基材への汎用接着に適している、薄い屋内用のゴムベースの接着剤です。 ゴム系接着剤は、水、洗剤、アルコールに耐性があります。 それでも強力な接着を提供しながら、この接着剤は最も経済的な選択です。



アクリル系粘着剤

これは、屋内用と屋外用の両方に有効な薄いアクリル系接着剤です。 それはあなたが優れた接着力、高い剪断強さと優れた耐溶剤性を探しているどんな仕事と同様に、プラスチックとビニールへの結合にも推薦されます。 アクリル系接着剤はまた、紫外線、水、洗剤、アルコール、脂肪族および一部の芳香族炭化水素に対する優れた耐性を提供します。



フォームテープ

あなたがでこぼこの表面、原木またはあなたが隙間を埋めるためにより厚い接着剤を探しているところならどこでもに付着しているならば、フォームテープは素晴らしい代替手段です。 フォームテープは、あらゆる種類の表面に接着するために、ゴムおよびアクリルベースの接着剤が入っています。