シャープが全体表示画面 (2) の '見えない' NFC アンテナを実現します。

- Apr 24, 2019-

複数のアンテナ、時分割通信


第 2 の技術は"位置無料技術「大型ディスプレイの画面全体にアンテナを広げる。それは画面を複数の領域に分割、各領域に NFC のアンテナを配置、それらの間のスイッチします。つまり、時分割方式の画面で複数のアンテナを使用して通信が行われます。

その結果、通信用アンテナ (上画面) が使用されているを知ることは不可能になりますその位置の精度が高くないの意味でタッチパネルとして機能します。

シャープによると位置無料技術はより直感的なユーザー エクスペリエンスを実現し、ディスプレイ デバイス、外部の NFC カード リーダーを使用、またはディスプレイの一部だけで読者が埋め込まれている場合と比較して面積が減少します。

2020 年度に実用化する計画を鋭い。また、既存のタッチパネルに適用することができると同社は述べた。


製品の選択、お支払いが同時に起こる


シャープは、いくつかのアプリケーションのための新技術を使用する予定です。たとえば、それは、製品を選択し、小売店、自動販売機や家庭でディスプレイに表示される製品のイメージに近く、NFC 対応のスマート フォンを保持することによって同時に支払いを行うようにします。

また、NFC 対応のカードまたはワインボトル ディスプレイ上の配置、それはゲームのルールやワインの詳細を説明します。さらに、ショッピング モール、病院などのガイダンスの表示上のユーザーの認証済み ID に基づいた情報を提供することが可能なります。

シャープは 42 インチを超えるディスプレイ サポート技術とする計画します。このような表示になって広く使用されている場合のオンライン ショッピングとテレビ ショッピング NFC を使用して大幅に広がる可能性があります。