センサーがウイスキーボトルを改ざん防止にする

- Apr 21, 2019-

スマートフォンを使ってウイスキーボトルが開かれていないことを確認することができます。

image

有名なウイスキーブランドのJohnnie Walkerのボトルには、2016年に低価格のフィルムタイプセンサーが付属する予定です。製造業者は、空のボトルに別のウイスキーを詰めて販売するのを防ぐことを目指しています。 そして消費者はボトルが開かれていないかどうか、そして公式の製品かどうかをチェックすることができるでしょう。

フィルム型センサーは、印刷技術を用いて電子機器の機能を実現するPE(プリンテッドエレクトロニクス)をベースに開発されました。 具体的には、Thin Film Electronics(ノルウェーのPEテクノロジを扱うベンチャー企業)が開発した「NFC Opensense」を使用しています。

Thin Film Electronicsは、導電性インクが印刷されたプラスチックフィルムを使用して、(1)ボトルを開けてフィルムが切断されたかどうかを検出する機能、および(2)スマートフォンと通信するためのアンテナを実現しました。 NFC(近距離無線通信)を介してボトルとスマートフォンの間でデータが交換されます。

NFC信号を処理する回路としては、プラスチックフィルム上に汎用のシリコン(Si)回路が形成されている。 つまり、PE回路とSi回路を組み合わせたハイブリッド技術を採用した。

消費者は、購入または開封する前に、サービス用に開発されたスマートフォンアプリケーションを起動してボトルキャップの近くに保持することで、ボトルが開かれていないことを確認できます。 製造業者は不正を防ぎ、出荷された製品が実際に開かれたことを確認し、サプライチェーンの終わりを理解することができます。