新技術は太陽熱発電所からの無線電力供給を実現するかもしれません

- Apr 18, 2019-

みんなでんこく株式会社(東京都世田谷区)は、ワイヤレスで電気を送受信できるサービスの実現に取り組んでいます。

このようなサービスには、複数の送受信を正確にサポートし、十分に高いセキュリティを備えたテクノロジが必要です。 みんなでくろくと京都大学と共同で技術コンセプトの検証研究を開始しました。 彼らはすでに共同で関連特許を申請しています。

移動体通信の場合、基地局を変更することにより、移動機が移動しても通信を継続することが可能である。 Minna-Denryoku氏によると、モバイル機器がアクセスポイントを変更するために使用する技術は、ワイヤレスで電気を伝送するためのコア技術の1つです。

例えば、モバイル機器、電気自動車(EV)、ドローンなどのように動き回る電力送受信装置の場合、受電装置と送信装置を変えることで適切な電力供給を実現することが可能になる。

FITによる購買期間が終了した太陽光発電所は、自家消費や地元のPPS(発電事業者や供給業者)への電力供給などに利用されることが期待されています。近くを通過しているEV、ドローン、モバイル機器に電力を供給します。これは新しい電力購入者を意味します。

電気自動車やドローンが日本中に散らばっている太陽光発電所を充電ステーションとして使うことができれば、走行距離、飛行距離、時間などの制限なしにそれらを使うことができます。分散型電源はそのようなモバイル電気機器の普及に貢献します。

Minna-Denryokuは京都大学大学院情報学研究科教授Umeno Kenと共同研究を行っています。 Umenoは、「Chaos CDMA」の開発に取り組んでいます。これは、複数の送受信と複数のユーザー間のセキュリティに関連しています。

Umenoの技術に基づいて、複数の送信機と複数の受信機との間で無線で送受信されるコードに電力が追加されます。 コードは、暗号に加えて、電力供給者、電力受信者、電力量、電力の供給源、取引価格、電力供給の優先度などのデータを有する。 その結果、ワイヤレス給電と支払いの取引を実現します。

Minna-Denryoku氏によると、電力に付加されたコードは、指定された電力供給業者のみが復号化できるため、空中での複数の電力伝送およびセキュリティ問題による「干渉」を防ぐことができます。 そしてこの暗号は、電源を識別することを可能にします。

みんなでんとくとうめのは技術コンセプトを「電気5G」と呼んでいます。