鉄 - コバルト軟磁性合金

- Aug 01, 2019-

鉄 - コバルト軟磁性合金の特長


フェコ合金の整然とした構造のため、合金は脆くなり加工が困難になるので、加工性能を向上させるために少量のバナジウムまたはクロムがしばしば添加される。 典型的な合金には、35co-0.5 cr-fe、49co-2v-fe、27co-0.6 cr-feがあります。 これらの合金は、高い磁気誘導強度下で、高い飽和磁気誘導強度、高い透磁率および高いキュリー温度を有する。 しかしながら、そのような合金はまた、低い抵抗率および高い渦電流損失という欠点を有する。


鉄 - コバルト軟磁性合金の応用

熱間および冷間塑性変形により、合金は、航空発電機およびモータ、高出力パルストランスなどの直流および低周波用途に適した、熱間(鍛造)圧延フラットおよびバー、冷間圧延ストリップおよび冷間引抜きワイヤにされる。 、先進電磁石、磁気レンズなど


鉄 - コバルト合金は、約50%のコバルトを含む軟磁性材料である。 処理性能を向上させるために、通常1.4〜1.8%のV(V)が添加されるので、それはフェロコバルト - バナジウム軟磁性合金としても知られている。 飽和磁束密度Bs(2.4t)、キュリー温度(980〜1100℃)が非常に高いため、軽量、小型、小型化が要求される航空電化製品(マイクロモーター、電磁石、リレーなど)の製造に適しています。動作温度が高い。 それはまた磁歪変換器に対してより大きな飽和磁歪係数を有する。