磁石を飽和させるために必要な力の大きさ

- May 14, 2019-

磁石の最大エネルギー出力に達するためには、磁石は、熱的にまたは「ノックダウン」(または校正)磁場を使用して後で安定化されても、飽和する、すなわち完全に磁化されるべきである。

磁石を飽和させるために必要とされる磁化力は、磁性材料の保磁力と、より少ない程度ではあるが磁石の物理的特性と、磁化中に固定され得る構成要素とに依存する。

一般的な法則は、磁石を飽和させるためには、固有保磁力の2〜2.5倍のピーク磁界を印加する必要があるということです。 たとえば、Hciが20,000エルステッドの場合、飽和するには少なくとも40,000エルステッドが必要です。

導電性固定具に取り付けられた磁石の場合、渦電流が材料内に確立され、極端に短い磁化パルスの間に逆磁界を発生させる。 これは、磁化磁束が導体、おそらく磁石さえも完全に貫通するのを防ぎ、磁石が見る磁界を減少させ、時には磁石内の磁束経路(磁束の方向)も減少させる。 このような場合、装置メーカは着磁パルス幅を広げるために着磁回路のLC(インダクタンス容量比)を調整する必要があります。 延長されたパルスはより多くの熱を発生させ、それが製造磁化速度を遅くする。 そのため、慎重に妥協する必要があります。