軟磁性合金材料の歴史

- Aug 01, 2019-

軟磁性合金の製造と応用は100年以上の歴史があります。


1890年に、同社はモーターとトランスコアを作るのに使用される純粋な熱磁気鉄(または低炭素鋼)を生産し始めました。


1900年に、フェロシリコン合金(ケイ素鋼板)が発表されました。それはすぐに純鉄に取って代わり、最も生産的な軟磁性材料でした。


電話システムの開発と必要性を受けて、1913年にAmerican gw menは弱 - 中磁場下でケイ素鋼よりも優れた磁性を有するニッケル - 鉄合金(permo合金)を発明しました。


1929年から1931年まで、異なる磁気的性質を持つフェコ合金とフェシアル合金が特別なニーズを満たすために相次いで登場した。 1970年代初頭には、構造と製造方法が従来の軟磁性合金とは全く異なるアモルファス軟磁性合金が開発されました。


1980年代の終わりには、急冷微結晶およびナノ結晶を有する軟磁性合金の開発が新たな段階に入った。


中国は1950年代に熱延ケイ素鋼板の製造を開始し、1960年代には主にフェニ合金とフェコ合金からなる各種軟磁性合金を製造しました。 1970年代には、冷間圧延方向性珪素鋼板が製造された。 1980年代半ばから後半にかけて、大量の非晶質軟磁性合金が製造され、1990年代には微結晶およびナノ結晶軟磁性合金が開発されました。


1980年代以来、中国は軟磁性合金の製造のための技術的条件に関する国家規格を策定し公布してきました。